福島県弁護士会公式ホームページ

人権救済申立事件『警告・勧告・要望』

ホーム > Topics > 人権救済申立事件『警告・勧告・要望』 > 「刑事施設が、①受刑者に軍隊式行進等を指導したこと、②閉居罰終了後の受刑者に8ケ月以上実質的隔離処遇を継続したことについて勧告及び③使用期限を11ケ月経過した点眼液を処方したこと、④弁護士会の住所を教示しなかったことについて要望」

「刑事施設が、①受刑者に軍隊式行進等を指導したこと、②閉居罰終了後の受刑者に8ケ月以上実質的隔離処遇を継続したことについて勧告及び③使用期限を11ケ月経過した点眼液を処方したこと、④弁護士会の住所を教示しなかったことについて要望」

刑事施設が、①受刑者に軍隊式行進等を指導したこと、②閉居罰終了後の受刑者に8ケ月以上実質的隔離処遇を継続したことについて勧告及び③使用期限を11ケ月経過した点眼液を処方したこと、④弁護士会の住所を教示しなかったことについて要望